作成者別アーカイブ: miirino

生徒総会

4月18日、7校時のLHRの時間を使って生徒総会が開催されました。

案件は、

〇H29年度決算報告

〇H30年度予算報告

〇H30年度活動方針、活動計画

でした。

議長、副議長のスムーズな進行で滞ることなく終了することができました。

 

 

 

裏山で応援練習始まる

4月12日から始まった応援練習ですが、今日17日からは場所を裏山に移し後半が始まりました。

昨日までのHR教室毎に行っていた朝練習と違い、1年生全員が裏山に集まり練習する様は迫力が感じられました。

今年は雪が多く裏山での応援練習は無理かもしれないと思われていましたが、技師さん達の尽力により実施が可能となりました。

技師さん達ありがとうございました。

1年生の皆さん、あと2回で終了です。

頑張って乗り切りましょう。

そして近隣住民の方々、例年のことではありますがあと2回よろしくお願いします。

SSH対応授業

先日お知らせしたSSH内定を受け、1年生に向けた対応授業「MDS(美入野データサイエンス)基礎」という学校設定科目が始まっています。

この授業は、今日ほぼ当たり前となってきたパソコン使用のスキルの底上げを期待し、尚且つパソコンを使って実際に「データ」を活用し、プレゼンテーションなどのアウトプットを基礎的に学習して更に発展していこうとする授業です。

本校職員2人による授業ですが、全体に目配せしながら基本的な操作を指導していました。

訪れた授業はちょうど1時間目だったので、タイピング練習が主でした。

キーボードが押される心地良い音がコンピューター室に広がっていました。

橋本五郎さん来校

4月7日(土)本校に橋本五郎さんが来校しました。

これはテレビ局の企画で、横手高校に橋本五郎さんが来校し本校あをくも編集部を指導するというものでした。

あをくも編集部員は緊張しながらも様々なお話を伺い貴重な経験ができました。

この様子は4月29日(日)ABS秋田放送「五郎が斬る!」(7:00~7:15)でも紹介される予定です。

 

橋本五郎さん、ありがとうございました。

学校新聞「あをくも」は益々パワーアップしそうです。

SSH内定

校長メッセージでも紹介していますが、今年度より本校はSSH(スーパーサイエンスハイスクール)の内定を受けました。

これは文部科学省の指定により国立研究開発法人 科学技術振興機構が支援を行う次世代人材育成事業で、「高等学校等において、先進的な理数教育を実施するとともに、高大接続の在り方について大学との共同研究や、国際性を育むための取組を推進します。また創造性、独創性を高める指導方法、教材の開発等の取組を実施します。」(国立研究開発法人 科学技術振興機構ホームページより)というものです。

本校は今年度より5年間、「エビデンスを基に議論を積み重ね、国際社会で活躍するグローバルサイエンスリーダーの育成」をテーマに取り組みます。

このホームページでその取り組みを紹介していきたいと思います。

新入生歓迎会

4月10日5・6校時を使って恒例の新入生歓迎会が行われました。

2・3年生の熱烈な歓迎の中、緊張した面持ちで1年生が入場し歓迎会が始まりました。

迫力ある先輩たちの校歌・応援歌に応えるように、1年生6クラスの級長が中央ステージに立ち大きな声で所信表明をしてくれました。

その後は各部活動の紹介を見て、入部を考える1年生の姿が見られました。

平成30年度入学式

4月6日、本校第2体育館において全日制定時制合同で入学式を行いました。

担任の呼名に対し元気のいい声が体育館に響き、新たに全日制235名、定時制28名の仲間を迎えました。

新入生代表者は入学後の高校生活に真摯に取り組む意欲を力強く宣誓してくれました。

新入生の皆さん、これから慌ただしい高校生活が始まりますが1つ1つしっかりと取り組んで、充実した毎日を送りましょう。

 

 

平成30年度スタート

4月5日、新任式と始業式が行われ平成30年度が始まりました。

新任式では新たに19名の先生方を迎え、校長先生から新任職員の紹介、新任職員の挨拶がありました。

続く始業式では校長先生からの新年度の挨拶があり、

「1898年、秋田県第三尋常中学校に始まる本校創立120周年をこの場にいる全員で迎えられることは非常に喜ばしい。10月13日には記念式典、5月25日には記念招待バレー、6月12日には記念招待野球の行事がある。覚えていて欲しい。3月の受験報告会で大学合格した先輩の話を聞く機会があったが、自分の将来を自力で真剣に考えその苦しさに真っ向から挑戦する話が多く語られていた。目標をただ立てればいいというわけでなく、時にはその目標を変更せざるを得ない場合もある。その決断に至るまでを自力で考え抜いた姿勢は立派であった。そして、自分の周囲で応援してくれた人への感謝の言葉もよく聞かれた。そういった姿勢が合格につながった一因ではないだろうか。皆さんも自分の将来を真摯に捉え、苦しい挑戦を楽しみに変える心持ちでいて欲しい。」

といったことが語られました。

今年度は創立120周年の年です。

学校一丸となって取り組みましょう。

また、保護者の皆様、地域の方々、ご理解ご協力よろしくお願いします。

新入生説明会

3月27日午後より新入生説明会が行われました。

第1体育館での全体会では学年主任の挨拶と方針に始まり、各分掌から書類の説明や入学式・年度当初の日程の説明、進路意識や整容面など1時間を越える説明があり、資料を見ながら確認する新入生の姿が見られました。

続く仮クラスでの学級会では書類の回収や校章・学年章の配付と諸注意が行われました。

入学の準備は着々と進行しています。

4月6日の入学式が楽しみです。

離任式を行いました

26日、離任式で14名の先生方をお送りしました。体育館には3月1日に卒業したばかりの卒業生もたくさん集まり、退任・離任される担任・副担任の先生や部活動の顧問の先生、授業でお世話になった先生・職員の方々からの心のこもったメッセージに耳を傾けました。生徒の皆さんの今後ますますの成長・活躍を願う先生方のお言葉を受け、名残惜しくも心引き締まる式となりました。           生徒会生徒からの花束贈呈の様子