作成者別アーカイブ: miirino

センター試験激励会

1月18日センター試験激励会が行われました。

はじめに校長先生から、全職員が寄せた「センター試験応援メッセージ」を手に、いろいろな先生方がみなさんを応援していますというお話がありました。つづけて、本番では予想外のことなども起こるかもしれませんが、メタ認知をして状況を的確に判断し、落ち着いて受験をしてほしいというお話がありました。

次に、参加した職員全体で、だるまの目入れ式が行われました。さいごに、学年主任と校長先生がだるまの左目に仕上げの墨を入れました。

3年生のみなさん、さまざまな人の応援を胸に、万全の状態で試験に臨んでください。

3学期始業式

1月15日3学期の始業式が行われました。

校長先生からは昨年の120周年や今年新たになる元号についての話の他、3年生には今週末に控えたセンター試験受験に向けて、2年生には学校のリーダーになることに対して、1年生には受験生であった1年前を思い起こさせながら、これからの心構えについて話をしてしていただきました。

また、始業式終了後、冬休み中にタイ王国交流会に参加した理数科2年生4名による報告会が行われました。

4名がひとりずつ分担して研究発表、ホームステイ、国際交流、全体総括の報告をしました。

文化部・文化的活動報告

文化部、また文化的活動で良い成績を修めた生徒をご紹介します。

既に新聞発表されたものも含まれますがご了承ください。

 

◎税に関する高校生の作文

仙台国税局長賞  伊藤  紬     横手税務局長賞  高橋  凜、田中 伊織

 

◎(文芸部)全国高等学校文芸コンクール

小説部門 優良賞  石田 わの

 

◎(吹奏楽部)マーチングバンド・バトントワリング東北大会

マーチングバンド高等学校の部 銀賞

 

◎(囲碁部)東北地区高等学校囲碁選手権大会・全国高校囲碁選抜大会東北地区予選会

県対抗女子団体戦 第3位

男子級位者戦の部 第2位  小松 亮裕

女子級位者戦の部 第1位  相澤  鈴  第2位  沼倉はるひ

 

また、秋田県代表として全国大会、東北大会に出場を決めた生徒も紹介します。

◎(文芸部)秋田県文芸コンクール

俳句部門 第1席  相澤  鈴(来年度全国高総文祭出場)

小説部門 第1席  石田 わの(     〃     )

 

◎(写真部)秋田県高等学校総合美術展

写真部門 特賞  高橋奈津美(来年度全国高総文祭出場)

 

◎(美術部)秋田県高等学校総合美術展

デザイン部門 推奨 山﨑 未夢(来年度全国高総文祭出場)

 

◎(放送部)秋田県高校放送コンクール

朗読部門 最優秀賞  進藤 千冬(来年度全国高総文祭出場)

入選  國分  遥、佐藤 陽菜(共に東北大会出場)

アナウンス部門 入選  堀田 詠美(東北大会出場)

 

◎青少年読書感想文コンクール秋田県審査

課題図書の部 最優秀賞  渡邉菜々花(中央審査へ ※全国)

 

2学期終業式

12月21日2学期終業式が行われました。

式に先んじて賞状伝達式も行われました。数多くの受賞が紹介されました。

終業式では校長先生からこの学期を振り返って120周年記念式典のお話や3年生の受験に向けての体調管理、文武両道や知行合一といったお話をしていただきました。

その後、生徒指導主事から冬季休業中の諸注意をいただき、学年集会、LHRが終了し放課となりました。

次の日からは補習が始まりますが、気を引き締めて臨んでもらいたいと思います。

2年理数科サイエンス・ダイアログプログラム

12月20日(木)、5・6校時生物実験室において2年理数科対象にサイエンス・ダイアログプログラムが行われました。

今回は東北大学工学研究科にお出でのステファン・ハクスター博士に「Where  did  that  noise  just  come  from?(雑音はどこから発生するのか)」というテーマで講義をしていただきました。

この講義は最初から最後まで全て英語で進められるものですが、生徒はハクスター博士の説明を理解しようと真剣に聞き入っていました。

講義は大学同様の90分間で行われました。

ハクスター博士、同行の小沢雄太さん、ありがとうございました。

1年PTA・進路講演会

11月20日、1学年PTAと1年生対象の進路講演会が行われました。

PTAでは総会に先立ち役員会と進路講演会が行われ、講演会では駿台予備学校仙台校の桑島隆裕先生から保護者の方向けに受験と進学についてのお話をしていただきました。

また、桑島先生には続けて6校時に1年生対象で進路講演会をしていただきました。

高校1年生として進路実現のため今から覚えておくべきこと、考えておくべきことなどのお話を伺いました。

新しい大学入試が実施される中、他人事でない生徒は理解するようしっかりと話を聞いていました。

PTAに参加していただいた保護者の皆様ありがとうございました。

参加いただけなかった方へも資料を生徒を通じて配付しておりますのでご確認ください。

 

H30選挙啓発出前講座

11月14日、LHRの時間に1年生対象で選挙啓発出前講座が行われました。

前半は選挙についての講話をしていただきました。

選挙の歴史や意義、実情などを分かりやすく教えていただきました。

後半は各クラスから2名ほど代表者を出して模擬投票を行いました。

2年後投票権を得る学年です。

今日の講座で選挙の大切さと投票の仕方をしっかり理解して、自分の意見を反映できるようになってもらいたいと思います。

第2回避難訓練

11月7日、7校時のLHRの時間に第2回避難訓練が行われました。

地震発生→机下に避難→火事発生→第1体育館に避難 の一連の訓練を行いました。

横手消防署の方から講評をしていただきました。

お褒めの言葉をいただきながらも、課題も感じられました。

引き続き、防犯研修会として横手警察署生活安全課係長 桜庭善生さんに「不審者に対する対応について」というテーマでお話をしていただきました。

学校にも時折不審者の情報が入ることがあるため、生徒も「自分に起こりうるかもしれない」という気持ちで真剣に話を聞いていました。

また、今回も町内会の方々に参加していただきました。

ありがとうございました。

平成30年度 第2回 青雲の志講演会plus

岩手大学理工学部教授の成田晋也氏をお招きして、「第2回青雲の志講演会plus」を開催いたしました。

「身の回りのものはなんでできているのだろうか?」、「宇宙はどうやってできたのだろうか?」など、素朴な疑問から物理の世界にまつわるお話をいただきました。

決して簡単ではないお話も、かみくだいて丁寧に伝えて頂きました。


 

 

終了後の生徒アンケートでは、以下のような感想が述べられていました。

  • 物質の細かい構造を調べるのと同じように、日常生活においても、色んなことに興味を持って知りたいことを掘り下げていくことをしたいと思った。
  • いろんな、興味を持ったことに対して好奇心と知識欲を大切に取り組んでいきたい。
  • 普段何気なく見たり利用しているものについて何からできているのだろうという疑問を持つことで、新たな発見もあると思うので、もっと知ろうという気持ちをもって生活していきたい。

高校の物理の内容のみに止まらないハイレベルなお話を頂戴し、生徒のモチベーションも高まっていました。

H30理数科課題研究発表会

10月31日(水)理数科2年生による課題研究発表会が本校第1体育館で行われました。

理数科生徒35名の他、1年生全員、20名を超える保護者・一般の方が参加しました。

また、指導講評に大曲農業高校の大沼克彦先生、横手清陵学院高校の瀨々将吏先、お二人の博士号教員に、国立研究開発法人科学技術振興機構主任調査員の関根務先生を迎え開会しました。

物理、化学、生物、数学の分野で6班が発表を行いました。

参観の1年生からは様々な質問が出され発表者は丁寧に答えていました。

指導講評の先生方からは研究に対しての助言や励ましをいただきました。

理数科目の楽しさや難しさを感じられた発表会でした。

発表者の皆さんお疲れ様でした。

また、指導講評の3人の先生方、保護者の皆様、一般参観の皆様ありがとうございました。