5月24日(水)、全校生徒を対象に今年度の進路資料「黎光」の説明会を実施しました。「黎光」は、本校の大学入試受験状況や合格者数などのデータ、卒業生の合格体験記などが掲載されていますが、説明会ではそれらのデータや文章を使って、昨年度の3年部職員が生徒へ受験に向けての心構えを伝えました。

5つの会場のうち、2年理型クラス対象の説明会では、以前に比べて理系学部への合格が厳しくなったことが話題に上りました。センターで高得点をとっていても決して油断できないという状況を踏まえ、自分がどのような座標にいるかを常に知っておくことが重要だというお話、また「合格体験記」の記事の中から先輩たちのメッセージを拾い、合格者の多くが2年生の時期に心がけていたのは、授業、部活動といった普段の学校生活をしっかり送るということだった、というお話などがあり、会の終了後には生徒が抜粋されたページの言葉を熱心に読み返している様子も見られました。

部活動の先輩や、自分が目指す大学に合格した先輩からのたくさんのメッセージの中に自分の指標を見出して、やる気が生まれた生徒も多かったようです。