学校において予防すべき感染症と出席停止の期間について

 

 学校において予防すべき感染症と出席停止期間

                                   (平成24年4月~)

  学校において予防すべき感染症として学校保健安全法第19条に定められた感染症にかかった場合、届け出により一定期間「出席停止」となります。出席停止は、通常の欠席扱いにはなりません。学校での集団感染が心配される病気であることから、感染の恐れがなくなるまで登校できないことになっております。その間、療養に努めてきちんと治し、元気に登校を再開できるようにご協力ください。

 なお、元気になって登校を再開する際には、のちほどお渡しする「登校許可届」に保護者の方が必要事項を記入し、担任(保健室)にご提出いただくことになっています。(病院からの診断書やはんこ等は必要ありません)。 

★第1種感染症★・・・治癒するまで出席停止

 エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、重症急性呼吸器症候群(病原体がSARSコロナウイルスによるものに限る)、急性灰白髄炎(ポリオ)、ジフテリア、鳥インフルエンザ

 

★第2種感染症★

病  名
主症状
経路
潜伏期間
感染期間
期  間

インフルエンザ(鳥インフルエンザを除く)

高熱(39~40℃)関節や筋肉の痛み咳、鼻水、のどの痛み

気道

飛沫

1~3日 発症後3~4日 発症から5日経過し、かつ解熱後2日を経過するまで

百日咳

コンコンという短く激しい咳が続く

気道

飛沫

1~2週間

1~4週間 特有の咳が出なくなるまで、または5日間の適正な治療が終了するまで

麻疹(はしか)

発熱、鼻汁、目やに、発疹

気道

接触

飛沫

9~12日

発疹の出る前5日~出た後3、4日 解熱後3日を経過するまで

風疹(三日ばしか)

38℃前後の発熱、発疹、リンパ節の腫れ

気道

飛沫

2~3週間

発疹の出る前5日~出た後3、4日 すべての発疹が消えるまで

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

発熱、耳の前下部の腫れと痛み(押すと痛み)

飛沫

2~3週間

耳下腺の腫れる前7日~腫れた後9日間 耳下腺・顎下腺・舌下腺の腫脹の発現から5日経過し、かつ全身状態が良好になるまで

水痘(みずぼうそう)

発疹→水疱→かさぶた→軽い発熱

気道

接触

飛沫

2~3週間

発疹の出る前1日~すべての発疹がかさぶたになるまで すべての発疹がかさぶたになるまで

咽頭結膜熱(プール熱)

38~40℃の発熱のどの痛み、目やに、結膜の充血

気道

接触

5~7日

発病してから2~4週間 主な症状がなくなって2日を経過するまで

結核

発熱、咳、疲れやすい、食欲低下

飛沫

様々

症状の程度、発病の種類により異なる 症状によって感染の恐れがないと認められるまで

髄膜炎菌性髄膜炎

発熱、頭痛、意識障害、けいれん

飛沫

2~4日

  症状によって感染の恐れがないと認められるまで

 

★第3種感染症★・・・症状に応じて出席停止の必要性を医師が判断し、医師の許可が出るまで出席停止

コレラ、細菌性赤痢、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、腸管出血性大腸菌感染症、その他の感染症

*ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎は「その他の感染症」となり、医師の判断で出席停止となります。

 【日数の考え方について】

「○○した後、△日経過するまで」という場合

 →○○という現象が見られた翌日を第1日として、△日間を経過した後に登校可

 (例)解熱した後、2日を経過するまで

火曜日

解熱

水曜日

(1日目)

木曜日

(2日目)

金曜日

登校可

※インフルエンザは、原則発熱を持って発症とされます。発熱した日の翌日から5日間は休まなければいけません。