教育方針

gouken

 教育基本法及び学校教育法の趣旨に則り、「知・徳・体」の調和のとれた人格の完成を目指すと共に、「剛健質朴」の校風のもと、「青雲の志」を抱き、「天佑自助」の精神で、国内外を含む将来社会の幸福と発展に貢献する有為な人材を育成する。

*今年度の重点目標

人材育成と自己実現

すべての教育活動を通じて人材育成を図り、人格の完成と自己実現を支援する

*実践指針

「追究姿勢の育成」をすべての教育活動の根底に置くこと。これを通して、先行き不透明な時代に挑戦し、自己と社会の未来を切り拓く人材(21世紀人材)の育成を図り、人格の完成と進路目標の達成を含めた自己実現を支援する

*具体的な手立て

1 多様な能力を活用する授業等を通して学力の向上を図る

思考力、発想力、観察力、問題発見能力、原因追究能力、コミュニケーション力、表現力等々の多様な能力を活用する授業や活動を通して、21世紀を生き抜く学力の育成と向上を図る

2 各種追究活動を通して自己啓発の意欲と追究姿勢の強化を図る

自己を見つめる機会を通してアイデンティティーの確立と自己の可能性に挑む高い志を育成すると共に、主体的に問題や課題を見出し、その原因や理由、解決や克服の手段や方法を研究する活動を通して追究姿勢の強化を図る

3 面談等を通して深い生徒理解と自己実現を支援する

一人ひとりの可能性を信じるコーチングマインドに基づく面談等を通して深く関わり、自己肯定感、自己有用感を育成すると共に、進路目標等それぞれの夢を具体化させ、その実現を支援する

4 社会貢献活動等を通して地域や社会に信頼される人材の育成を図る

社会貢献活動や地域社会の一員として活動する機会を通して、広く社会に学ぶ心、公共に資する心や社会の一員としての自覚を育み、端正な制服の着用、爽やかな挨拶、交通規則の遵守等も含めて、地域や社会に信頼される人材の育成を図る

5 部活動など特別活動の活性化を通して人間性の伸長を図る

仲間と協力しながら困難に打ち勝ち、目標をめざして努力する等の活動を通して、向上をめざす強い心と身体、仲間を思い支え合う心などを育み、人間性の伸長を図る

6 国際交流の活性化を通して情報活用力を含めた国際性の育成を図る

留学生受け入れや留学奨励、姉妹校交流等を通して、幅広く情報を活用して交流する力やグローバル社会を生きる開かれた心など、国際性の育成を図る